丹羽耕三(靱負)博士

dr-niwasss

 
丹羽耕三(靱負)博士
昭和37年、京都大学医学部卒業。医学博士。丹羽免疫研究所所長。土佐清水病院院長。発癌の大きな原因の一つである活性酸素とその防御酵素であるSODの研究を臨床家として国内はもちろん、世界的にも最も早く手がけ、この分野の研究の世界的権威。
SOD などの生体防御の研究論文が『Blood』を始めとする著名な英文国際医学雑誌に 数多く発表され、その数は70編を超す。
国際医学専門誌 (Biochemical Pharmacology)への投稿論文の 審査員でもある。

国内では、ベーチェット病、リウマチ、アトピー性皮膚炎や数多くの癌の治療・研究に長年従事し、多くの難病・癌の原因を活性酸素の異常から解明し、これらの治療に、自然の植物・穀 物を独自に開発した特殊な加工を施すことで製造した重篤な副作用の無い、真に有効な天然の治療薬を用い、大きな治療効果を上げている。
特に最近は、激増化・重症化・成人化するアトピー性皮膚炎を、劣悪化する 環境汚染に起因すると指摘し、また、患者の遺伝子レベルの研究により、近い将来の重症アトピー患者の癌化可能性を警告し、注目されている。
主著に「天然 SOD製剤がガン治療に革命を起こす」(廣済堂出版)「激増 活性酸素が死を招く」(日本テレビ) 「水‐いのちと健康の料学」(ビジネス社)等がある。
丹羽博士は、最愛なるご長男(当時8歳)を、血液の癌「白血病」で亡くされました。ご長男の召天がきっかけとなり、癌を含む様々な病気に対処する、博士の人生と情熱をかけての天然製剤SOD様作用食品と制癌剤の研究が始まりました。そして、30年以上の研究を重ねて博士のSOD様作用食品は開発されました。
 
主な国際学会の招待講演
・昭和60年 第16回国際リウマチ学会(シドニー)座長及び招待講演
・昭和61年 国際食細胞学会(伊・バビア)招待講演
・平成1年 国際炎症学会(モナコ・モンテカルロ)座長及び招待講演
・平成2年 国際炎症学会(バルセロナ)座長及び招待講演
・平成3年 国際炎症学会(ジュネーブ)座長及び招待講演
・平成4年 SOD国際学会(ソウル)招待講演
・平成5年 国際炎症学会(ジュネーブ)招待講演
・平成6年 国際アレルギー学会(ストックホルム)招待講演
  中華民国生薬学会(台北)特別講演
・平成7年 国際炎症学会(スイス・ジュネーブ)招待講演
・平成9年 世界癌学会(豪州・ダーウィン)招待講演
  国際炎症学会(スイス・ジュネーブ)座長及び招待講演
  ブタペスト医大記念講演(ハンガリー)招待講演
・平成14年 第14回生命情報科学シンポジウム(日本)特別招待講演
  第32回国際皮膚科学会(スイス・ジュネーブ)特別講演
・丹羽療法の肝がんに対する延命効果が、国際医学雑誌に掲載されました。

List of Publication by Y. Niwa
★土佐清水病院のページへ